自社にとって大切なファイルが失われた際はデータ復旧会社の方針もチェックして希望に合った業者を選ぼう

MENU

記録媒体の修復

パソコン修理

壊れたパソコン内の記録を取り戻す方法

パソコンが壊れて動かなくなってしまうと、中のハードディスクに残されたデータは読み出せなくなります。そこで行うのがデータ復旧と呼ばれる作業です。いくつかの方法を使って記録媒体の中のものを取り出すことで、それぞれ違った特徴があります。データ復旧は失敗すると全てを失うことも多いので、事前に検討して選ぶようにすることが重要です。最も簡単なのが、フリーソフトを使って行う方法です。この方法はお金がかかりませんが、フリーソフトの性能によってはあまり効果がありません。どの修復ソフトを選ぶかによっても結果が変わってくるので、作業を行う人にはある程度のITに関する知識も求められます。どちらかと言うと軽度な障害の時のみに使える方法と言えるでしょう。似たようなものとして、有料のデータ復旧ソフトを使う方法もあります。こちらは費用がかかるものの、ソフトの性能が良いため取り出せる確率は確実に上がります。とはいえソフトによってできることも限られているので、万能というわけではありません。どうしても取り戻したいデータであれば、データ復旧の専門業者にお願いすることをおすすめします。記録媒体のスペシャリストである専門業者なら、豊富な知識と実績から原因を判断して確実に取り出してくれます。クリーンルームなどの作業環境も整備されていますから、残されたデータに影響を与えることもなく安心です。全てを任せることができるので、パソコンに詳しくないという人でも利用しやすいのが特徴です。