自社にとって大切なファイルが失われた際はデータ復旧会社の方針もチェックして希望に合った業者を選ぼう

MENU

業者なら取り戻せる

ミニチュア

失ってはいけないものなら業者に依頼しよう

ハードディスクやSSDに何かしらのデータを保存した場合、それが大切なら、バックアップを取っておくことをおすすめします。それは、故障はもちろん、ヒューマンエラーでも、大切なデータを失ってしまうケースがあるからです。趣味で使っているパソコンのデータならば、なくなっても、自分だけがダメージを受けるだけで済みます。しかし、会社で使っているパソコンのものをなくしてしまうと、自分だけではなく、会社にもダメージを与えてしまいます。もしも、現在データを消失していて、会社が受けたダメージをなかったことにしたいのなら、復旧業者に連絡をして作業をお願いしましょう。故障でもヒューマンエラーでも、とにかくなくしたものを取り戻してくれるのが、データ復旧業者なので満足できる結果を得られるはずです。ハードディスクやSSDを見せれば、復旧できるか判断してくれるので、とりあえず大切なデータが入った記憶媒体を渡してみましょう。もちろん、そのときに復旧料金がどのくらいになるのか教えてもらえるため、金額次第では依頼をやめることだって可能です。ちなみに、データ復旧業者は修理サービスとは異なるので、その点をきちんと理解したうえで、記憶媒体を渡すようにしなければいけません。つまり、壊れたハードディスクやSSDの場合は、使えるようになって帰ってくるわけではないです。そのため、パソコンを使えるようにしたいのなら、別途記憶媒体を用意する必要があります。