自社にとって大切なファイルが失われた際はデータ復旧会社の方針もチェックして希望に合った業者を選ぼう

重要なものをなくしたら

ハードディスク データは復旧できるので、ビジネスで重要なものをなくしたのなら、試してみることをおすすめします。ただし、素人が無料ソフトを使って行うと失敗する可能性があるので、しっかりとしたプロに頼んで確実に取り戻しましょう。

詳しく見る

MENU

業者なら取り戻せる

ミニチュア 故障やヒューマンエラーによるデータ消失をなかったことにしてくれるのが復旧サービスです。ハードディスクでもSSDでも、中に入っているデータを取り戻してくれるので、ビジネスにおいて大切なものなら頼みましょう。

詳しく見る

記録媒体の修復

パソコン修理 パソコンが壊れて中のものが読み出せなくなった場合でも、データ復旧を行うことで取り出すことができます。いくつかの方法がありますが、重要なデータであればデータ復旧の専門業者にお願いしたほうが確実に取り戻せます。

詳しく見る

事前に行うこと

PC パソコンのデータを復旧させたいと考えているのであれば、専門業者に持ち込むとよいでしょう。しかしもしもの時のことを考えて、定期的にバックアップを取っておいたほうが好ましいです。そうすることによってデータを守ることもできます。

詳しく見る

高い確率で修理をします

PC操作 パソコンのハードディスクが壊れたり、スマートフォンのデータを失った時は、データ復旧に対応をしている専門業者に依頼して下さい。電話やメールで申し込めるので、迅速で丁寧な応対が特徴です。会社や市役所、学校などの場合は、優先的に対応します。

詳しく見る

依頼すべき業者とは

PC

技術面を基準に選ぶのが前提

依頼主から見れば同じに見えるデータ復旧会社も各社で方針が違うため、申込先を決める時はその点もチェックしましょう。例えばスピーディーな復旧をモットーにしている業者もあれば、時間をじっくり掛け、堅実かつ安全な復旧作業を大事にしている業者もあります。そのため早急に業務ファイルを取り戻したい時は前者を選び、確実性を求めるなら後者を選ぶのが賢明です。もちろん何れの場合でも、優れた技術を持つデータ復旧会社を選ぶことが前提になります。とくにハードディスクが全く稼働しない場合、データ復旧作業では分解なども伴うのが一般的です。大半のデータ復旧会社では本申込の前に初期検査も行われますが、技術力のない業者が分解しますと、その最中に機器を傷めてしまうケースもあります。それでも復旧できれば良いのですが、事前検査で復旧が無理だと分かればハードディスクが返却されるため、別の復旧会社を探さねばなりません。ですが、次の業者が如何に高度な技術を持っていても、最初の作業で受けたダメージが大きければ復旧できなくなります。ですから自社にとって大切なファイルであればあるほど、一発勝負のつもりで、最初から高い技術を有する業者を選ぶ必要がある訳です。とにかく安易に選ぶことは避け、導入設備が充実しているか否かもしっかり調べたうえで、豊かな実績を持つ業者を選びましょう。成功実績が多ければそれだけ様々なトラブルに対応するノウハウも蓄積しているため、依頼先選びの判断基準になります。